桜なべ 中江、創業110年を迎えた三ノ輪の人気店

「桜なべ 中江」は歌舞伎役者さん御用達のお店。
明治38年に浅草吉原に創業以来、110年を超える三ノ輪では、一番の老舗です。

「桜なべ中江」の名物は、何といっても「桜なべ」。
九州で生産した馬肉は、しっかりとしたピンク色の赤身の肉付きで、濃厚な赤みそでしっかりとした味付けに合いますね。

脂が控えめで何枚でも食べれそうです。
私としては、脂控えめなヒレがおススメですが、部位に関しては、注文時にオーダーが可能です。

馬のシャトーブリアンも注文できます。
馬を食べると精力がつくということが評判を呼んで、江戸時代にはブームにもなった「桜なべ」は一度は食べてみたいと思わせる魅力があります。

「桜なべ」以外にも、岡本太郎氏の名前にちなんでつけた「タロタロユッケ」(1580円)、醤油とごま油で食べる「馬刺し3種盛り」(1980円)も非常に満足できます。
馬刺しの鮮やかな赤色のお肉は、さっぱりとして、生肉特有の味と柔らかさ、ゴマ油との相性との合わせてとても美味しくいただけます。

中江の詳しい情報をお伝えします。

店名:桜なべ 中江
住所:東京都台東区日本堤1-9-2
電話:050-5571-4359

中江の週末は非常に混雑しますので、事前に予約されたほうがよいと思います。