cafe cocodoco、梅田・茶屋町エリアのゆっくり寛げる隠れ家カフェ

cafe cocodocoは、梅田・茶屋町エリア、梅田芸術劇場近くで営まれているカフェです。
阪急の高架下に位置するので阪急以外の駅からは少し歩きますが、落ち着いた照明や、広々とした店内で隠れ家的な雰囲気のお店です。

cafe cocodocoはラグジュアリーな雰囲気なので、女子会やデート、結婚式の2次会等でもご利用頂けると思います。
(貸し切りにも対応しているとのことです)

ランチは750円からあるのでリーズナブルなお値段で楽しむことができます。

cafe cocodocoおすすめは「鶏の唐揚げランチ」です。
塩かタルタルソースかを選ぶことができますが、個人的には塩が好きです。

また、オムライスも人気でふわとろな卵がかかっており、特製のデミグラスソースとケチャップライスの相性が抜群です。
食後にデザートやドリンクも楽しむことができ、デザートにはケーキやパフェといったメニューが揃っています。

メニューが手作りなので、見ているだけでもとても楽しいです。
cafe cocodocoスタッフさんの接客も気持ちの良いものでした。

ご飯もデザートもドリンクもすべて美味しく、居心地もとても良いのでついつい長居したくなるカフェです。

店名:cafe cocodoco(カフェ ココドコ)
住所:大阪府大阪市北区芝田1-15-15
電話:06-6373-2939

コナズ珈琲 三島店、ハワイの民家のようなお洒落空間でいただくハワイアンフード

店名 : コナズ珈琲 三島店
住所 : 静岡県三島市玉川263
電話 : 055-975-2282

コナズ珈琲では、静岡にいながら一瞬で気分はハワイに飛んでいけます。
ハワイの民家やカフェをそのまま運んできたようなお洒落なコナズ珈琲店内には、コナコーヒーの甘い良い香りが漂っています。

メニューはどれもボリュームがあり味も最高。ガーリックシュリンプやモチコチキンは絶品です。
オイルのついた指まで美味しいです。
ほとんどのメニューをいただきましてたが本当にどれもハズレなしなのでその時の気分で選ぶか、同行者とシェアし合うのも良いと思います。

そしてコナズ珈琲の名物、パンケーキも忘れてはいられません。
高く絞り出されたホイップクリームはとても軽くペロリといけます。

テーブルの上の珈琲豆粉やメープルシロップをつけて味を変えながら楽しむ事ができます。
食事の後ならば誰かとシェアが良いかもしれない豪華さです。

やはりコナズ珈琲は人気店で11時を過ぎると席はほとんど埋まり出し、お昼には25組待ちなどということもざらです。
オープンに合わせて早めの来店をするか、平日の夜は割とスムーズに席を案内してもらうことができます。

ランチ価格やランチのお得なセットなどは設定されていないので、どの時間帯に行っても基本同じ料金です。

ハンズカフェ、大阪市北区梅田にある眺めが良いカフェ

店名:ハンズカフェ
住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田店 10F
電話:06-6347-7188

ハンズカフェは大丸梅田店の中にあるということで、立地的にも便利ですし、10階からの眺めも最高ですし、メニューも気軽に入ってランチやカフェとしての休憩もできたりと、とても便利で良く活用させてもらいます。

土日やお昼時は込み合いますが、オープンしてすぐに行って、子どもがまだ小さくてベビーカーでの訪問だったのですが、ハンズカフェのスタッフの方も、ベビーカーが入りやすいように道を作ってくれたり、イスを片付けてくれたり、とても気持ち良く接客をしてもらいました。

ハンズカフェは定期的にイベントのメニューがあって、行く度に楽しい気持ちになりますし、ランチは、1000円前後で食べれて、後はデザートやドリンクのセットにすることもできるので、たくさん食べたいときや、軽く食べたいときに対応できます。

私は、パンケーキが好きで、パンケーキとブラックコーヒーをもらいながら、買い物をして疲れたときに利用させてもらっています。

友達や恋人、一人でなどと、いろんなシーンで使うことができますし、席も、色んなタイプの席があるので、毎回どこに座れるのか楽しみになります。

外が見れる席だとかなり眺めが良くて、ハンズカフェはおすすめです。

コこ弧、各務原市那加手力町にある手力雄神社の中のカフェ

店名:コこ弧
住所:岐阜県各務原市那加手力町4 手力雄神社旧社務所内
電話:不明

コこ弧は手力神社の旧社務所を使っているお店です。
なかなか珍しいところにある感じで、雰囲気を感じられるお店です。

コこ弧の店舗は本殿の左側にあり、駐車場は神社内にある駐車場を利用してから行くことをおすすめします。
中に入ると、旧社務所と言うことだけあって畳の部屋が中心のお店です。

ケーキなどもあるようですが、ルイボスティーを注文してみました。
出されたルイボスティーが入っているプラスチックの容器には、コこ弧のマスコットである鶏の絵が描いてあるラベルが貼られており、デザインについての工夫が備えられています。
味はさっぱりとしていて、非常に飲みやすく、お茶についてきたお菓子ともよくあっていました。

コこ弧はメニュー票も手作りの物で、自分の手で色々なものを捜索すると言う意識を感じることが出来ました。
ただ、やっている時間帯や日にちが結構バラバラだったりしていますので、行く際には調べてから行くことをおすすめします。

格式のある神社で参拝をするついでに、コこ弧に寄ってみるととてもいいと思います。
たまにバランスボール教室などイベントもやっているので、暇がある方はこういったイベントにも参加して、カフェも楽しんでみるといいでしょう。

ラテグラフィック町田店はデートや女子会にオススメのお洒落なカフェ

町田は飲食店が多く、その中でカフェも数多く展開されています。
カフェ激戦区町田でダントツにおしゃれなカフェが、小田急線町田駅駅徒歩1分、横浜線町田駅徒歩5分の場所にある『ラテグラフィック町田店』です。

ラテグラフィックは、自由が丘、たまプラーザ、海老名にも系列店がある、今人気のお店です。
朝から老若男女が集まるオーストラリアのカフェのように、人々の心をハイクオリティの料理とコーヒーで豊かにするというコンセプトのお店です。

彼らがガラスのドアを開けて階段で2階へ登っている途中で、店員さんからの「いらっしゃいませ」の声が聞こえてきます。
お洒落なラテグラフィック店内は、テーブル席、ソファー席、半円形のテーブル席、カウンター席と、席にもバリエーションがあります。

人数やTPOに併せてお好きな席を選べます。
カウンター席では一部コンセントが使える席がありますので、作業をしたい方にもオススメです。

ラテグラフィックは接客もハイクオリティで、おしぼりの袋にメッセージが添えられていたり、デートで利用するとちょっとしたお菓子がサービスされたりするときがあります。
心地よい接客で、思わず笑顔が溢れるようなハートフルなやりとりが楽しめます。

ラテグラフィックのオススメ料理は「生ハムとグリル野菜のジェノベーゼパスタ」(1180円)です。
生パスタにグリルされた野菜と生ハムがトッピングされており、そこにグリルされたレモン半個を絞って食べます。

ジェノベーゼとグリル野菜の香り高さと、生ハムの旨味をレモンが引き締め、爽やかな味覚のハーモニーを奏でます。
お洒落な空間にぴったりな一品です。

オススメのドリンクは「ラテグラフィック」(530円)です。
最高品質と言われている『ALLPRESS ESPRESSO』 の豆を使用したダブルラテで、エスプレッソの苦味と香りが引き立つ一杯です。

砂糖が添えられていますが、たっぷり泡立った舌触りの良いミルクの甘味があるので、使わなくても十分甘味を楽しめます。
さらに、バリスタのラテアートも必見です。

他にも、ビーツやひよこ豆など珍しい野菜を使ったサイドメニューや、プルプルのパンケーキ、スムージーやカクテルなど、魅力的なメニューが豊富です。
お洒落で美味しいカフェ「ラテグラフィック」で幸せなひとときを過ごしてみませんか?

店名:LATTE GRAPHIC ラテグラフィック 町田店
住所:東京都町田市原町田6-11-11 T-wing Machida 2F
電話:042-728-8015

藤沢駅から徒歩3分にある隠れ家的なカフェダイニング クオーレ

クオーレは駅チカで藤沢駅から歩いて3分ほどです。
ランチから営業しているお店です。

メインはイタリアンが中心ですが、ロコモコもあったり、オムライスがあったりと、クオーレは国に拘らず美味しいものを取り入れているようです。
かしこまった感じではなく、気軽に普段使いで使えるお店です。

クオーレ店内は落ち着いた雰囲気で、のんびり、居心地の良い空間になってます。
2020年4月にオープンしたばかりで、コロナの影響を受けてかなり大変な思いをしたそうです。

食べたものは、オムライスプレートランチと、本日のデザート。
オムライス、サラダ、スープ、ドリンクが付いて、1280円(税別)~です。

オムライスは、半熟のフワフワたまごの中に具沢山のチキンライス!
とても美味しいオムライスに出会えました。

そして、本日のデザート850円(税別)
この日は、フォンダンショコラでした。
これがまた、めちゃくちゃ美味しい!

オーダーが入ってから焼きあげるので、アツアツですが、バニラアイスも乗っていたので、ちょうど良い感じで食べれることが出来ました。

ソースはベリーソースが添えてあり、フォンダンショコラとベストマッチ!
このフォンダンショコラだけ食べに行く価値があるかもしれません。

クオーレのお店の場所は最初は分かりにくい場所ですが、(私も迷って、お店に電話したら、入口まででてきてくれました。)一人でも、友人や恋人とも、ご利用頂ける空間になってます。

接客は、この日はアルバイトの子が対応してくれましたが、堅苦しくなく、のんびりできました。
美味しい食事とデザート、空間でとても良い時間を過ごさせて頂きました。

今度は、ディナーでもクオーレにお邪魔したいと思います。

店名:カフェダイニング クオーレ Cafe×Dining Cuore
住所:神奈川県藤沢市鵠沼石上1-3-2第一興産ビル20号館B1
電話:080-8853-5402

チックタック・ダイナー、舞浜にあるディズニーキャラクターのパンが可愛い

チックタック・ダイナーはディズニーアンバサダーホテル内にあるベーカリーで、ディズニーキャラクターを模したパンや、ホットサンドなどが提供されているお店です。
また、パークでシーズン毎に開催されるイベントに合わせたオリジナルドリンクやオリジナルブレッドの販売もあります。

チックタック・ダイナーのショーウィンドウには、ミッキー型のバナナブレッドや、ミニーマウスをイメージしたパンなどが並んでいて、人気な物はすぐに売り切れてしまうとか!?
またカウンターではホットサンドやサンドイッチを注文することが出来ます。注文するとキャストさんが目の前でサンドを作ってくれます。

ホテル全体が90年代のアメリカをコンセプトに作られているだけあって、ここTick Tock Dinerもキャストさんのコスチュームやお店の内装はその当時をイメージして作られています。

店内のイートインスペースは席が少ないのですが、チックタック・ダイナーを出てすぐ、外に出るとテラスがあります。
暖かい時期は日向ぼっこしながら食べるのもいいかもしれませんね!

チックタック・ダイナーでは、シーズンやその日によって提供されているパンが違うのですが、公式ホームページによると大体の予算が、

ブレックファスト:980円~
ランチ・ディナータイム:500円~

だそうです。

また季節ごとのスペシャルブレッドは
大体の物が1000円
スペシャルドリンクは650円
で提供されているようです。

イベント毎に値段は変動する可能性がありますが、目安として、是非参考にしてみてください。

店名:チックタック・ダイナー TICK TOCK DINER
住所:〒279-8522 千葉県浦安市舞浜2-11
電話:047-305-2663